会員の皆様へ

Gマーク制度

Gマーク?

国土交通省が推進するGマーク認定制度!

「安全性優良事業所」は全日本トラック協会が認定する安全・安心な運送事業所です。

安全性優良事業所とは

公益社団法人全日本トラック協会(全国貨物自動車運送適正化事業実施機関)では、国土交通省の指導の下、利用者がより安全性の高いトラック運送事業者を選びやすく するために、学識経験者、荷主団体、消費者団体等から構成される安全性評価委員会において、事業者の安全性を評価し、認定し、公表する「安全性優良事業所」(G マーク)認定制度を平成15 年7 月からスタートさせました。

平成26 年12 月末現在、全国で21,125 事業所(全事業所の25.3%)が安全性優良事業所に認定され、全事業用トラックの40.4% のトラックがG マークを付けて走っています。

テーマ38項目の厳しい評価項目

 
  1. 「安全性に対する法令の遵守状況」

    適正化指導員による事業所の巡回指導結果、運輸安全マネジメントの取組状況を評価

  2. 「事故や違反の状況」

    事故や行政処分の状況を評価

  3. 「安全性に対する取組の積極性」

    安全対策会議の実施、運転者への教育などの取組を評価

上記3 つのテーマに、計38 の評価項目が設けられています。

100 点満点中80 点以上の評価など全ての認定要件をクリアした事業所だけが「安全性優良事業所」として認定されます。また、認定された後も2 ~ 4 年ごとに更新審査があるため、認定事業所は安全性を維持し続ける必要があります。

TOPに戻る

最新情報一覧

アクセス

お問い合わせ